FC2ブログ

美味いもん食らうンジャー

山越うどん 釜玉

次に向かったお店は、綾川町の山越うどんさんです。

今回初めて讃岐うどんツアーに参加される方がいたのでこのお店は外せません。

と言いながらも、3年以上食べに来てなかったので、一番行きたかったのは私かもしれません。

午前9時からの開店で、その時間ぴったりにお店に向かうとすでにお店はオープン。

山 行列 
              
変なTシャツを着た方は、今回の同行者です。
私も同じTシャツを着てますよ~(笑)

これぐらいの行列ですから、5分ほどで注文するカウンターの前に行くことができました。

山 メニュー  


最近富田林の「いってつ」さんも始めた山かけの乗った「かまたまやま」がありました。

「がいな製麺所」で同行者が食べているのを見て、変わったメニューやなぁ!って思っていたら、釜玉の発祥のお店で、しっかりとメニューにありますし、私が知らなかっただけのようです。

かまたまの小を注文すると、すごい勢いで注文をさばいていきます。

山 店内  

注文を聞くおばちゃんの記憶力にも驚かされました。  

かまたまの小を受け取って、次は天ぷらコーナーに移動。

山 天ぷら 


私は、このお店では天ぷらをパスしましたが、初めてのツアー参加者はどれも食べたい天ぷらと言って、じっくりと悩んでいます。

後はお金を支払って、大きなお庭でうどんをいただきました。

山 店内 2.    山 天ぷら 1.  

庭の手前の店内でも食べることはできますが、出来れば広くて綺麗なお庭で食べる事をお薦めいたします。
でも寒かった~~(笑)

山 出汁 .    山 天ぷら 2.  

かけ出汁は、庭に行く手前にあるので見逃さないように!

では、元祖「かまたま」をご覧下さい

山 釜玉  
 

早くかき混ぜないと、玉子は固まりません。

山 だし .    かまたま用のかけ出汁

かまたま専用に、お出汁があるのはさすがですねぇ。

このお出汁を少しだけかまたまに投入していただきました。

山 麺  

モチッとした弾力のある麺。

メチャメチャ旨いねぇ~

これだけたくさんのお客さんをさばいているのに、変わらぬ美味しさを保っています。

かまたま用のかけ出汁が少し甘めだったので、醤油をかけて自分好みの味に調整。

山 醤油 

いい感じになったので一気に完食してしまいました。

先ほどの「あついかけだし」の横に「冷たいかけだし」があったので、少し味見をすることに。

山 かけだし   


いわゆる、「ひやかけ」のお出汁なんですが、コップに注いでお茶を飲むようにいただいちゃったのよ。

山 かけだし 2  


ガツンとイリコの効いたひやかけ出汁で、少しえぐみが出ていましたが、関西のうどん屋さんでは味わえないぐらいのしっかりとしたイリコの味が出ています。

この味をいただくと、香川に来た実感がわいてきますねぇ~

旨いよ~~~!!! 旨すぎじゃ~~~!!


山 みや .    山 庭 . 

お土産店まであるうどん屋さん。

土曜日は、駐車場に警備員まで出て事故防止に努めていますし、人気店ならではのご苦労もあるようです。

駐車場に車を止めるなど、しっかりとマナーを守りましょうね!

そうしないと、人気店も閉店せざる得ないことにもなるかもしれませんよ。

山 外観  



山越うどん
香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2  地図
営業時間    午前9時~午後1時30分
定休日     日曜日
電  話              087-878-0420




スポンサーサイト



  1. 2010/03/03(水) 06:39:49|
  2. うどん 香川県 綾歌郡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

タイトルバックの写真

AquariumClock 2

FC2カウンター

多機能カレンダ-

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

食らうンジャー

Author:食らうンジャー
一週間に一度はうどんを食べないと禁断症状が出るうどん好きの親父です。今日は何処へ行こうかなぁ? 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お知らせ

コメントについては、大歓迎です。 しかし、誹謗中傷等悪意のあるコメントは削除させていただきます。 また、事実に基かないと思われるコメントも削除させていただきます。 削除の判断基準は、あくまでも管理人である私「食らうンジャー」にありますのでご了承下さい。 あくまでも私個人のブログですので、ブログ上での争いは一切いたしません。 争いは好まない人間ですから、宜しくお願いいたします。