FC2ブログ

美味いもん食らうンジャー

うどんの田  高松市

今年最後の讃岐うどんツアーに行って来ました。

今年10回目の渡讃となりますが、約2ヶ月ぶりの香川入りです。
今までは、年に1~2回程度でしたから、今年10回とは自分でも驚く回数ですよ。

今回は職場の同僚4人での旅です。

午前2時過ぎに大阪を出て、向かったお店は高松市のうどんの田さんです。

田 1 

午前5時半に到着して、お店が開くのを待ちました。

今回のツアーでは、行くお店を全て私がチョイス。
午前10時開店のお店ですが、土曜日だけ午前6時開店です。

今回食べに行くお店を調べていて、この事を初めて知りました。

田 2 

以前から行きたいお店だったので、迷わず一軒目に選びましたよ。

屋根が付いたオープンスペースがあり、そこにもテーブル席が設けてあります。

ポールを取った先輩は、腹がへった!と言ってお店の中ばかり覗いていました。

開店時間の6時になりますと、お待ちが15人程になり、皆さん何故か?自分が何番目かを気にしています。

田 4  

このお店の名物は、なんと言っても角煮うどん・角煮ぶっかけでしょう。

平日は、限定10食で土曜日は限定15食の角煮を狙って沢山の方が開店と同時に詰めかけています。

田 3

私達4人ももちろん角煮が乗ったうどんを注文です。

先輩が注文した角煮うどん小(320円)

田 6 

大きな角煮が乗って320円ですか?

メチャメチャお得ですやん!!

うどんが何故か?ケロヨンなのも笑えますなぁ~

玉子も最初から入って登場ですよ。

オープンスペースの席数が多かったけれど、店内の席数は少なめです。

田 5


座敷とテーブル席を合わせても20席も無かったように思います。

寒い真冬ですから、皆さん店内で食べる事を選択しますが、ひとつひとつのうどんの出来上がりがゆっくりだったので、それが良かったように思います。

店内の席の奪い合いにも成らなかったしね。


私が注文したのは、角煮ぶっかけ小(370円)


田 8 


ちょっと待てよ!

向きを変えて見ましょう!!

田 7 


口びるの分厚い親父に見えますなぁ~ (笑)



田 10


親父の顔を引っ張って、麺リフトの写真撮影と行きますか~

親父が痛そうに見えるのは私だけでしょうか?

田 11


麺は、やや柔らかくて優しい感じのコシ。

冷やの麺でも、これだけ柔らかければ、温ならかなり柔らかいのでは・・・?

胃に優しい感じがするし、

美味しいですなぁ~


大きな唇じゅ無かった角煮です。(爆)

田 12


大きいし、肉厚も1センチ級ですから食べ応え十分です。

醤油でじっくり煮込まれていて、柔らかくて崩れていく感じ。

メチャメチャ美味しいやん!!

早朝から角煮はややハードかと思いましたが、美味しいからアッサリと完食です。

今回並んでいた方の8割ぐらいが角煮うどんで、残りの2割の方が肉うどんでした。
肉うどんもボリュームがあって、人気メニューのようですなぁ~

空腹もやや満たされたので、次のお店に向かいますかぁ~!(笑)


田 13  



うどんの田
香川県高松市寺井町38-1  地図
営業時間     午前10時~午後2時
        土    午前6時~午後2時 
定休日       日曜日 






 
スポンサーサイト



  1. 2012/12/11(火) 00:02:31|
  2. うどん 香川県 高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

タイトルバックの写真

AquariumClock 2

FC2カウンター

多機能カレンダ-

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

食らうンジャー

Author:食らうンジャー
一週間に一度はうどんを食べないと禁断症状が出るうどん好きの親父です。今日は何処へ行こうかなぁ? 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お知らせ

コメントについては、大歓迎です。 しかし、誹謗中傷等悪意のあるコメントは削除させていただきます。 また、事実に基かないと思われるコメントも削除させていただきます。 削除の判断基準は、あくまでも管理人である私「食らうンジャー」にありますのでご了承下さい。 あくまでも私個人のブログですので、ブログ上での争いは一切いたしません。 争いは好まない人間ですから、宜しくお願いいたします。