FC2ブログ

美味いもん食らうンジャー

釜揚げうどん 桂ちゃん @ たぬき 50番札所

 桂 1 


最近、ひげ画伯の絵が飾ってある釜揚げうどん「桂ちゃんです。

「桂ちゃん」のお出汁を入れる徳利が描かれていますねぇ~

徳利を持つヒモが真っ白なのも「桂ちゃん」の特長で、忠実に描かれています。

て、こんな解説は不要ですよね。(大汗)


26から始まった第5回 関西讃岐うどん巡礼50番札所です。


桂 2 


もちろん巡礼での訪問ですが、私の巡礼先としては12軒目となります。

50番札所で最後の番号になっていますが、これがレジェンド店としての証拠ですよね。

桂 3


連食予定なので、豆だぬき(600円)や豆だぬきの少なめ(500円)にいちゃいそうですが、「桂ちゃん」の美味しい釜揚げうどんなら、その量は物足りなく感じるでしょう。

ということで、たぬき(2玉)を注文です。

桂 5


細麺もありますが、太麺好きなんで、やっぱりそちらを注文です。

釜揚げうどんなら、より太麺が好みかなぁ~!

桂 4 


釜揚げうどんが茹であがるまで、「桂ちゃん」の美味しい佃煮にを摘みます。

これも、美味しいからついつい食べすぎてしまいますなぁ~(オー汗)

桂 6 


うどんが茹であがる直前に、美味しいお出汁が運ばれてきます。


今回は、お出汁を一杯だけお店の方に入れていただきました。


これは、いいですねぇ~

桂 7


何故かというと、釜揚げうどんの食べ方を知らない方も居るからなんですよねぇ~

釜揚げうどん初心者が犯す間違いの一つが、ネギなどの薬味を釜揚げうどんの湯の方に入れること。

もう一つの間違いが、お出汁もうどんが入った湯の方に注いでしまうことなのよねぇ~


釜揚げうどん たぬき

桂 8 


湯気で写真が撮りづらいねぇ~

そこをなんとか、頑張ります。(笑)

桂 9


モチモチの弾力で、小麦粉のよい風味が香ります。

太麺だからでしょうか?

しっかりとしたコシがある麺で、

メチャメチャ美味しいですねぇ~~!!

桂 10


「桂ちゃん」の飲み干せるお出汁に浸けると、しっかりと出汁を引き連れてきます。

ゴッサ美味しいですねぇ~~!!

このお出汁は、「桂ちゃん」独特のもの。

今回も美味しいので、3杯も飲んでしまいましたよ。

薬味を入れて、味の変化を楽しむのもよし、またそのまま最後まで何も入れないのもいいかもしれませんね。

桂 11 





釜揚げうどん「桂ちゃん」 
大阪市平野区長吉長原東3-1-68  地図
営業時間   午前11時~午後3時
           午後6時~午前0時 (LO午後11時15分)
定休日     木曜日
電 話 06-6790-1555 

お店のホームページ  http://www.keichan-udon.jp/  


過去の訪問       たぬき太麺
                               たぬき太麺と鴨汁
                               鴨カレーうどん  

              たぬきの太麺             (第4回関西讃岐うどん巡礼)
             
たぬき太麺と鴨汁
             
たぬき太麺と鴨汁  (第3回関西讃岐うどん巡礼)
             
たぬき太麺
             たぬき太麺 

スポンサーサイト



  1. 2015/10/16(金) 00:16:43|
  2. 第5回 関西讃岐うどん巡礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タイトルバックの写真

AquariumClock 2

FC2カウンター

多機能カレンダ-

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

食らうンジャー

Author:食らうンジャー
一週間に一度はうどんを食べないと禁断症状が出るうどん好きの親父です。今日は何処へ行こうかなぁ? 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お知らせ

コメントについては、大歓迎です。 しかし、誹謗中傷等悪意のあるコメントは削除させていただきます。 また、事実に基かないと思われるコメントも削除させていただきます。 削除の判断基準は、あくまでも管理人である私「食らうンジャー」にありますのでご了承下さい。 あくまでも私個人のブログですので、ブログ上での争いは一切いたしません。 争いは好まない人間ですから、宜しくお願いいたします。