FC2ブログ

美味いもん食らうンジャー

ヤマロク醤油 @ 小豆島

 やま 1


皆さんお待ちかねの「小豆島の醤油醸造所シリーズ」第二弾です。

誰も待ってないって!(オー汗)

そう言わずにお付き合い下さいね。

今回お邪魔したのは、ヤマロク醤油さんです。


やま 2 


金両醤油さんの記事でも書きましたが、小豆島には15軒ほどの醤油蔵があり、中でもこの「ヤマロク醤油」さんは、特に人気の高い醤油蔵さんですよ。

でもね、この場所に車で行くには、スーパーゴッサ行きにくいのよ。

私達は、車で曲がるところを間違えてしまったので、車一台が通れる程の道をグルグルと廻って、ようやく辿り着きました。



実は、この醤油蔵さんの醤油については、以前から知っていたのよ。


この時に、香川在住のラブりんが持っていたのが「ヤマロク醤油」さんのダシ醤油で、「菊つゆ」です。


丸 10


丸 11 


凄いところは、原材料表示に「アミノ酸等」って書いてないのよ。

天然素材だけを使ったほんまもんのダシ醤油なんですよねぇ~~

スーパーゴッサ凄いなぁ~~!!

って、感動するのは醤油フェチの私だけでしょうか?(大汗)


やま 3 


日曜日に醤油蔵に訪問しましたが、この「ヤマロク醤油」さんは年中無休。

そして、若社長さんの案内で醤油蔵の中を見学させていただきました。

先ず、「朝食に納豆を食べてませんか?」との質問があり、もちろん食べて無かったので、蔵の中へと案内していただきました。

醤油も納豆も「菌」で発酵される物。

納豆菌が、醤油造りの邪魔をするようです。


やま 4 


こちらの醤油蔵さんも、もちろん杉樽を使用されていて、じっくりと2年の歳月をかけて熟成させて行きます。


やま 5


この醤油蔵さんの凄いところは、その2年で終わることなく、一部の醤油は2度仕込みと言ってもう一度醤油を杉樽に戻し、大豆・小麦などの材料を加えて再び2年ほど熟成させます。

醤油の完成までに4~5年もかかる訳なんですよ。

やま 6 


杉樽だけでなくて、土壁や土間の昔ながらの蔵そのままにも拘っているようです。


やま 7


杉樽は、100年~150年も使用出来るそうですよ。


この古びた樽だからこそ、美味しい醤油が出来るのでしょうか?


って、思っていたら真新しい杉樽を発見しました。


やま 8 


昨年に完成し、2014年1月に初めて醤油を仕込んだ杉樽です。

この樽にまつわる物語があってね。現在大きな杉樽を製造出来るのは1社のみ。
 
そのため、プロジェクトを組んで、杉樽職人に弟子入りし、自分達で杉樽を造ったそうですよ。

その詳細は、「ヤマロク醤油」さんのホームページ、こちらをご覧下さい。

やま 9


この樽も100年以上活躍して、美味しい醤油を造ってくれることでしょう。


醤油蔵を一通り案内していただき、店舗の方に戻りました。


やま 10



こちらの醤油蔵さんでは、醤油を2種類製造されています。

前記の二度仕込みの「鶴醤」と丹波の黒豆から造った「菊醤」。


やま 11 


そして、「菊醤」ベースのダシ醤油の「菊つゆ」。

最後は、ポン酢の4種類です。


やま 12 


手間暇かけた醤油なので、若干お値段は高めです。

しかし、この醤油蔵で購入すると、醤油蔵価格で少しお安く買うことが出来ますよ。


やま 13 


そして、 今回はこの2種類を購入しました。

やま 2-1


ダシ醤油では無くて、珍しく普通のお醤油を購入です。

味見させていただいたけれど、とても円やかな醤油で、このままうどんにかけても合いそうです。

そして、購入したポン酢のラベルをご覧下さい。

やま 2-2 


このポン酢も、アミノ酸が入っていなくて天然素材だけで造っているみたいやね。

これもスーパーゴッサすげぇ~~!!

こんな感動したのは私だけ?(笑)


やま 14 



ヤマロク醤油
香川県小豆郡小豆島町安田甲1607  地図
営業時間   午前9時~午後5時
定休日      年中無休 












スポンサーサイト



  1. 2014/06/09(月) 00:02:08|
  2. 醤油 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<はなや食堂 @ 善通寺市 | ホーム | うどんらんぷ 「若蔵」 @  寝屋川市  ぶっかけうどん他>>

コメント

醤油や出汁の場合、原料からの旨味成分をアミノ酸と表記します
アミノ酸を化学調味料と理解するのは、かなり安易ですね
つまりアミノ酸表記がないほうが怪しいと言うことかもよ
誰かさんとよく似てグルメですね
また削除かな?
  1. 2014/06/09(月) 07:14:55 |
  2. URL |
  3. SMDヒモ男 #-
  4. [ 編集]

ヤマロクってたまにTVでも紹介されてる、
有名なとこですよね!
こんな蔵の中を見ること出来るのは
TVか会社のHPか、食らう師匠のブログくらいですね!(笑)
でもほんと興味深いですわぁ!
醤油ブロガーとしての記事、どんどんお願いします!(笑)
  1. 2014/06/09(月) 08:14:40 |
  2. URL |
  3. 期間限定です #-
  4. [ 編集]

普通はアミノ酸等って書いてるんですか~
帰ったら家の醤油を見てみよ~っと(笑)

醤油の事はよくわかりませんけど、年季の入った杉樽には歴史を感じますね~
  1. 2014/06/09(月) 16:48:06 |
  2. URL |
  3. KEN吉 #-
  4. [ 編集]

>SMDヒモ男さん

ゴッサ詳しいですね。
  1. 2014/06/09(月) 21:02:31 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

>期間限定です さん

何も知らないので、醤油ブロガーとは呼ばないで下さいね。
「ヤマロク醤油」さんは、丁寧に醤油を造っている醤油蔵です。
見学と若大将の話で、ヒシヒシと伝わって来ましたよ。

  1. 2014/06/09(月) 21:06:58 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

>KEN吉 さん

一般の醤油は、本醸造でも殆どの場合、アミノ酸等と表記されていますよ。
大手メーカーならほぼ100%でしょう。
いや、大手でも生しょうゆとか表示した商品には入ってないこともありますね。

小さい醤油蔵さんで、本醸造なら醤油にはアミノ酸等の表示はありません。(私の経験だけですが)
しかし、ダシ醤油やポン酢には、アミノ酸等と表示されています。
「ヤマロク醤油」さんで、ダシ醤油とポン酢に表示されていないのを初めて目にして驚いてしまいましたよ。
それが、スーパーゴッサ凄い!との表現したことですわ~
  1. 2014/06/09(月) 21:27:01 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

かなり大きな樽に驚きました。

醤油の世界も奥が深そうですなあ。
また機会があれば、師匠の熱い思いをお聞かせくださいませ。
  1. 2014/06/09(月) 21:30:16 |
  2. URL |
  3. 麺探偵 #YInHV9pY
  4. [ 編集]

> 麺探偵 さん

醤油が好きなだけで、詳しくありませんよ。

醤油の面白い話は、沢山の醤油蔵を見に行って、聞くことが出来ました。
うどんも一緒で、真剣に造っている方の話は、とても興味深いものを感じます。
  1. 2014/06/09(月) 23:06:17 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

今回は無理でしたが、以前小豆島の醤油蔵をいくつか行ったことがあり、懐かしく思いました。
蔵ごとの個性もあり、素敵ですね!
  1. 2014/06/10(火) 22:38:15 |
  2. URL |
  3. Oです #-
  4. [ 編集]

> Oさん

そんなに沢山醤油蔵を巡ってるの?

また、その話を聞かせて下さいね。
  1. 2014/06/14(土) 23:31:43 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mametan802.blog105.fc2.com/tb.php/1409-5303d551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルバックの写真

AquariumClock 2

FC2カウンター

多機能カレンダ-

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

食らうンジャー

Author:食らうンジャー
一週間に一度はうどんを食べないと禁断症状が出るうどん好きの親父です。今日は何処へ行こうかなぁ? 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お知らせ

コメントについては、大歓迎です。 しかし、誹謗中傷等悪意のあるコメントは削除させていただきます。 また、事実に基かないと思われるコメントも削除させていただきます。 削除の判断基準は、あくまでも管理人である私「食らうンジャー」にありますのでご了承下さい。 あくまでも私個人のブログですので、ブログ上での争いは一切いたしません。 争いは好まない人間ですから、宜しくお願いいたします。