美味いもん食らうンジャー

うどんバカ一代の釜バター 

今回の讃岐うどんツアー最後のお店は、手打十段「うどんバカ一代さんです。



バカ 中   


前回の訪問でかなり気に入ったお店です。
麺の美味しさは勿論ですが、セルフ店でありながら茹で置き麺を出さない拘りが大好きな点です。
 
今回は、このお店発祥の釜バターうどん(小)をお願いしました。
名前のとおり、釜抜き麺を使うため少し待たされました。

バカ 釜  

あれ~~?玉子が付いて来ました。
これなら、釜玉バターになるのでは・・・?

バカ たまご  

玉子を投入して、一気にかき混ぜました。

すると、こんな感じになります。

釜 まぜ  

どう見ても、釜玉に近い見栄えですね。

食べてみると、

バカ 麺  

麺はモチモチでええねんけど、バターの風味が弱めで、いわゆる釜玉に近い風味です。

同行者は、卵黄のみを入れたようで、 バターの風味も有って美味しかったとのこと。
こちら香川では、関西よりも麺が少なめであるため、釜玉でも玉子1個は多く感じます。
個人の好みもあるでしゅうが、うどん2玉で玉子1個が適量のように思います。

バカ メニュー 


関西では、阿倍野のいしもとさんや四條畷の活麺富蔵(いけめんとみくら)も釜バターがメニューにありますが、確か玉子は入れなかったはずです。

玉子が無い方がバターの風味がダイレクトに伝わって美味しいように思いますなぁ~~


釜バターが不発に終わったので、最後に「ひやかけ」を食べましょう。

そういえば、今回のツアーでひやかけは「やまうちうどん」で頂いただけですから、ひやかけに飢えている状態です。

バカ ひや 


ガツンとイリコの効いたお出汁です。
中に入っていた麺が、コシの強い剛麺で、

ゴッサ美味いやんかぁ~~!!

最後に食べた1杯が、今回のツアーで一番美味しい麺に当たりました。

なんか得した気分です。

次の渡讃の日程も決まってることですし、この美味しい麺を食べた余韻に浸りながら大阪へ帰ることにします。

バカ 外  




手打十段「「うどんバカ一代
香川県高松市多賀町1-6-7
  地図
営業時間   午前6時~午後6時
定休日       無 休 



過去の訪問   ひやかけ











スポンサーサイト
  1. 2011/07/08(金) 00:01:12|
  2. うどん 香川県 高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あさすず 6.26 | ホーム | 手打ちうどん「一屋」の肉ぶっかけうどん>>

コメント

師匠のブログを見ると、
食べたうどんのルックスや風味まで
よみがえってきます。
釜バターうどん、黄身混ぜ、
kも〆のうどんに最高でした。
うどんばか一代は是非再訪問したいお店です。
  1. 2011/07/08(金) 07:09:33 |
  2. URL |
  3. k #17ClnxRY
  4. [ 編集]

>k さん
k さんが召し上がった釜バターの黄身のせがベストかも知れません。

良い勉強になりました。
次回はそれで頂きますね。

でも、このお店の麺は何時食べてもレベルが高いわ~!
  1. 2011/07/09(土) 12:28:40 |
  2. URL |
  3. 食らうンジャー #p/NFc4aY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mametan802.blog105.fc2.com/tb.php/604-2c0ba266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルバックの写真

AquariumClock 2

FC2カウンター

多機能カレンダ-

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

食らうンジャー

Author:食らうンジャー
一週間に一度はうどんを食べないと禁断症状が出るうどん好きの親父です。今日は何処へ行こうかなぁ? 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お知らせ

コメントについては、大歓迎です。 しかし、誹謗中傷等悪意のあるコメントは削除させていただきます。 また、事実に基かないと思われるコメントも削除させていただきます。 削除の判断基準は、あくまでも管理人である私「食らうンジャー」にありますのでご了承下さい。 あくまでも私個人のブログですので、ブログ上での争いは一切いたしません。 争いは好まない人間ですから、宜しくお願いいたします。